藤原為家阿仏尼の歌碑


阿仏尼は鎌倉中期の歌人藤原為家の側室で、『十六夜日記』などを著したことで有名です。

石碑には

「風わたる 浜名の橋の 夕しほに さされてのぼる あまの釣舟」
                 前大納言為家

「わがためや 浪もたかしの 浜ならん 袖の湊の 浪はやすまで」
                 阿仏尼

と刻まれています。

周辺地図