新居一里塚跡

一里塚は江戸日本橋を起点として一里(約4km)ごとに塚を築き、頂上に松などが植えられました。これは里程の目安などにも役立ちましたが、特に駄賃銭を支払うときの目安として利用されました。

周辺地図