新居関所



新居関所(今切関所)は慶長5年(1600)徳川家康により創設されました。幕府は江戸を守るため全国に53ヶ所の関所を設け、「入鉄砲と出女」に対し厳しく取り締まりをしました。特に新居関所は約100年間、幕府直轄として最高の警備体制が敷かれていました。鉄砲など武器の通行ではもちろんのこと、当関所に限っては江戸へ向かう女性(「入り女」)にも「手形」が必要で、不備が見つかれば通ることはできませんでした。
当関所は江戸時代中期に、自然災害で2度の移転を強いられました。現在に残る建物(「面番所」)は、嘉永7年(1854)の地震でそれまでの建物が倒壊したあと、安政5年(1858)までに再建されたものです。明治2年(1869)に関所は廃止されましたが、明治~昭和にかけて学校や町役場として使われ、当時の建物が日本で唯一そのまま残る関所としての歴史的価値が高く評価され、大正10年(1921)国の「史蹟」に、昭和30年(1955)には改めて国から「特別史跡」に指定されました。
 現在、当市では新居関跡の復元整備事業を進めています。これまでに今切渡船場の石垣・護岸のほか、関所の入口となる枡形広場の土塁柵、高札場および大御門を復元しました。今後も船会所、女改め長屋、土蔵などの復元整備を計画しています。

 併設の関所史料館では関所ゆかりの資料や街道・交通史関係資料などを常設展示するほか、企画展示を年6~7回、イベントも開催しています。

所在地

開館時間  9時00分〜17時00分 ※入館受付は16時30分終了
入 館 料  
  関所・紀伊国屋共通券 新居関所のみ 紀伊国屋資料館のみ
大人 410円 310円 210円
小・中学生 150円 100円 100円
就学前 無料 無料 無料

 ※団体料金、各種割引等は施設まで直接お問い合わせください。 


休  日  月曜日(祝日の場合は振替なしで開館)、年末年始(12月26日~1月2日)、8月は無休
駐 車 場   33台(車椅子用2台、大型バス用2台含む、駐車料無料)
住  所  静岡県湖西市新居町新居1227-5(〒431-0302)
アクセス  JR新居町駅南口から西へ徒歩8分/東名高速浜松西IC・三ケ日ICより30分
お問い合わせ TEL/FAX 053-594-3615
       E-Mail sekisyo@city.kosai.shizuoka.jp