風炉の井

 

言い伝えによると、建久元年(1190)源頼朝が上洛した途中、橋本宿に滞在したしたときに、長者の屋敷内にあったこの井戸の水を汲んで茶の湯に用いたとされています。風炉の井と呼ばれていますが、現在は土砂が堆積しています。【市指定史跡】

周辺地図