お稲荷様

火鎮神社の拝殿から、参道を東へ40mほど行くと小さな境内があります。朱色の鳥居をくぐり、石段を登るとお社があり、お稲荷様が祀られています。大漁祈願のために三浦半島の葉山のお社まで御神体を受けに行き、お祀りするようになったと言い伝えられています。

お稲荷様について

お稲荷さまに関する信仰のはじまりは極めて古く、稲荷神社は日本全国に数多ある神社の中で、八幡神社に次いで2番目に多い神社です。「いなり」の語源は「稲成り」であるとも言われています。八幡神社は武士の神様、お稲荷様は農民の神様だったのでしょう。

 

周辺地図