神座古墳群

神座古墳群は、1400年ほど昔につくられた古墳群です。神座古墳群からは、大きさが10mほどの円墳が7基ほど確認されています。古墳は、有力な家族のお墓です。石を積み上げた石室を真ん中につくり、お椀をふせたように土を盛っています。今は、石室の天井石の多くが失われ、盛った土も少なくなっています。

神座古墳群のまわりには、岩がごろごろしていて岩巣と呼ばれる場所があります。そして、西に神聖な嵩山を仰ぎ見ることができ、太田川の平野を一望する場所にあることから、古墳を造るによい場所であったと考えられています。

嵩山のふもとには、静岡県指定天然記念物のトキワマンサクが群生しています。

周辺地図