京福寺

延宝七年(1679)蔵法寺第六世天山尭存和尚を開祖とし、もともと白須賀町元宿にありましたが、元禄時代の火災によって現在地に移転しました。そのときの書類の焼失によって詳細は不明です。

秀吉から頂戴した朱印状

白須賀に伝わる秀吉にまつわる「勝和餅」伝説で、秀吉から頂戴した朱印状が京福寺本堂棟に収められたと言い伝えられています。また、同寺墓地の山本家の古い板碑墓石の前には、勝和餅製造に使用された石臼(破片の半分)があるといいます。

所在地

湖西市境宿16