おんやど白須賀

 

白須賀宿は、遠江国の西端の宿場町。東海道五十三次の32番目の宿です。
元来、白須賀宿は、潮見坂下の現在の元町にありましたが、宝永四年(1707)の地震・津波により、大半の家が流されてしまったため、翌年坂上に所替えをしました。
天保十四年(1843)の東海道宿村大概帳によれば、白須賀宿は、江戸日本橋から70里22町(約275キロメートル)の距離で、町並みの長さは東西 で14町19間(約1.5キロメートル)、宿内の人数及び家数は、加宿境宿村を含めて2,704人、613軒でした。本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠屋が27 軒あり、宿場としては中くらいの規模でした。
現在でも、格子戸のある古い民家や、間口の狭い家並みなど、江戸時代の面影を残しています。

「おんやど白須賀」では、宝永四年(1707)に白須賀宿を襲った津波の記録を紹介したパネルや、東海道の名所潮見坂を行きかう庶民の旅模様を再現したジオラマなどを展示しています。

所在地

住所    湖西市白須賀900  
TEL    053-579-1777
開館時間  10時~16時
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
入館料   無料
アクセス JR東海道線「鷲津駅」「新居町駅」「新所原駅」から車で15分
      平日はコーちゃんバスの利用もできます。(「白須賀東町」下車)
駐車場   9台(うち身障者用1台)