新福寺

 

新福寺はもと天台宗の寺で、創設年代・由来は不詳ですが真達公の開創と伝えられています。
天正元年(1573)に三ヶ日金剛寺の直伝竜察和尚がこの地に至り、曹洞宗に改め、草創開山となりました。慶長元年(1596)三ヶ日金剛寺吉山宗豚和尚を請待して開山と仰ぎ、慶長十八年(1613)初代代官彦坂文右衛門の帰依により、諸堂の改修が行われました。
 宝永四年(1707)の大地震で諸堂が半壊したが、翌年寺を現在地に移転再興しました。

所在地

湖西市新居町新居1341