潮見坂公園跡

 

明治天皇が江戸へ行幸する途中に休まれた所で、大正十三年、町民の勤労奉仕により公園がつくられました。そのときの建立の趣意を記した石碑が残されています。第二次世界大戦敗戦直後に進駐軍に見られたらまずいという配慮から、土中に埋められたまま十八年間忘れ去られていたものが、たまたま昭和四十六年(1971)中学校のプールを造成したときに掘り出されて、今はプールサイドにおかれています。

藤屋五平の歌碑

「こがねよりしろがねよりもますらをが あかき心ぞたからなりける」

白須賀宿の旅籠屋の主人であった藤屋五平が、あるとき旅客が財布を置き忘れたことを知り、自ら後を追って無事に渡したという律儀をたたえた一首で、竹村茂雄によって詠まれたものです。歌碑は白須賀中学校の東のところにあります。

周辺地図