火防樹

旧道の両側に生い茂る大きなマキの木が目に入ります。これは火防樹と呼ばれ、火事の延焼を食い止めるために植えられたものです。白須賀宿の民家は軒が連なり、延焼しやすい町並みでした。静岡県内で火防樹が残っているのはこの地のみです。

周辺地図