住吉神社祭礼(すみよっさま)

新居町における一連の夏祭りの最初が6月に行われる住吉神社祭礼(すみよっさま)です。記録としては文化元年(1804)に祭礼があることを町役人が町奉行所に申し出たときのものがあります。文政七年(1824)には、祭礼当日に賛同の両側に掛行灯を吊り下げているという記録もあり、おそらくそれに俳句や川柳などの絵を添え書きして参拝する人々を楽しませたと思われます。祭りの日には夜店がたくさん出て、浴衣を着た男女も見られるので町は大層賑やかになります。

開催地周辺地図