ちゃんちゃこちゃん


現在、二月と十二月の八日に大倉戸で行われているチャンチャコチャンは、疫病神を追い払う行事で、天明のころに始まったと言われています。椿の枝で作った「バンド船」の上に、疫病神に見立てたわら人形(「デックラボー」)を乗せて、鐘を鳴らしながら子供たちが練り歩きます。

チャンチャコチャンは鐘の音で、深い意味はありません。以前内山で行われていたときはデンデコデンと呼ばれていました。二月と十二月の八日は「事八日」といって、古くから全国的になんらかの民俗行事が行われています。むかしは新居や橋本でのどこの家でも「八日餅」をついたものです。二月八日を「事始め」、十二月八日を「事納め」ともいいます。

周辺地図