宇津山城址

 

浜名湖西岸の湖西市入出から浜名湖に突き出した半島状の土地に東西二つの城址があります。高山の城址を宇津山古城、正太寺鼻の城址を宇津山城と呼称されています。これら二つの城はかつて今川氏の重要拠点でした。永禄十一年(1568)12月、徳川勢に攻められて落城しました。城を守っていた小原鎮実(おはらしずざね)は城に火を放ち、船で浜名湖の対岸まで逃げ延びたと言われます。今は、浜名湖の美しさを堪能できる眺望ポイントです。

また、正太寺には宇津山古城図が、市の指定文化財に指定され保存されています。山上には曲輪の跡や石垣が残っています。。

所在地