八幡諏訪神社例大祭流鏑馬神事

(市指定無形民俗文化財・平成25年7月25日指定)

●例大祭日:10月第3金・土・日曜日(流鏑馬神事:日曜日)
八幡諏訪神社では、祭り前の金曜日と土曜日の午後にお神酒送りが行われます。表鷲津の防災センターから神社へお神酒と菰を運ぶ行事で、昔は鷲津から船で運んだといわれています。
流鏑馬当日は午後に神事が行われ、境内では子ども相撲や弓道関係者による金的が行われ、午後2時から流鏑馬が始まります。全ての流鏑馬が終わると馬乗り様は馬を下り、1本の矢を持ってチャンブクロ(オテサキともいう)の子どもたちを従え拝殿へあがり終了の報告を行います。

開催地周辺地図