蔵法寺

平安時代790年ごろに前身となる寺が建てられ、慶長三年(1598)曹洞宗に改宗されてから法灯が絶えることなく現在に続いています。それより以前、徳川家康が竹千代と言われた天文十六年(1547)、今川氏の人質として駿府(現在の静岡市)に護送中の宿舎が蔵法寺でした。このことから将軍家の小休憩所に定められ、慶長八年(1603)将軍徳川家康より寺領として朱印地二十三石を受けました。これによって当時蔵法寺は大繁栄し、境内は街道を越えて遠州灘の海岸にまで接しました。堂塔も幾十塔を数え、参勤大名の武士や小者の控所など大規模な建物も設けられていました。住職は将軍代替わりの度に、御朱印状書き替えのために江戸城までを往復しました。その時の住職の乗り物である駕籠は、のぞき窓の簾が黄色の綾糸で編まれ装麗を極め、「黄のお駕籠」と言われ行列も美しく十万石の大名の格式を備えていました。現在将軍より与えられた朱印状の写し九通、御朱印状箱が残っています。

夏目甕麿の歌碑

「うつらうつら身をし思へは桜花 咲ける皇国に生れあいにけり」

白須賀の夏目甕麿は、歌人加納諸平の父で、家は酒造を営んでいましたが国学を修め、後に本居宣長の門下に名を連ねて国学の興隆に心血を注ぎました。

所在地

湖西市白須賀5350-1